[Windows]LuaRocksを導入しよう

■LuaRocksとは?

lua用のパッケージマネージャー。
luaモジュールの管理を楽にします。端的に言えばnpmのlua版です。

■環境
LuaRocks(2.4.4)
Windows7
◆ダウンロード
まずはここからダウンロード。
Windowsなのでwin32と書かれたファイルを選びました。
◆主要なインストールオプション

いろいろとインストールオプションがあるのですが個人的な抜粋。

/P dir
インストールする場所。デフォルトでは「%PROGRAMFILES%\LuaRocks\version」
/TREE dir
モジュールのインストール場所。デフォルトでは「%PROGRAMFILES%\LuaRocks\systree」
/LV version
使用するluaのバージョン。5.1、5.2、5.3のどれか。デフォルトではシステムパスから自動で検出される
/LUA dir
luaのインストールされている場所。デフォルトではシステムパスから自動で検出される。
/L
バンドルされたluaをインストールする。luaをインストールしてない時に設定すると便利。バージョンは5.1(執筆時)
/F
すでに存在していたらディレクトリを削除する
◆インストール
オプションを踏まえてコマンドを考えて実行します

SET LUA_DEV=C:\mypackage
install.bat /P %LUA_DEV%\LuaRocks\version /TREE %LUA_DEV%\LuaRocks\systree /LUA %LUA_DEV%\lua5.1

◆使ってみる※「~LuaRocks\version」にパスを通しました
・インストールされたモジュールを確認

>luarocks

・”dkjson”をインストール

>luarocks install dkjson

・インストールされたモジュール一覧

>luarocks list

・インストールされたモジュールの情報

>luarocks show dkjson

・”dkjson”をアンインストール

>luarocks remove dkjson

カテゴリー: Lua, Windows パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です