SHEngineその3

今年も残すところ後2日となりましたが粛々と参りましょう。腹減ったー

ゲームエンジン&ゲーム制作の続行中です。
後者の方は進捗率20%を超えたくらいでしょうか。現状でスクリプト行数が1800行以上となっているので最終的に10000行程度で完成するんでないかなーとの目算です。収まれば僥倖です。
ちなみにコアエンジンのソースは5万くらい(たぶん)。
純粋なADVで総当り形式なので選択肢が非常に多くスクリプト全体の見通しが悪いです。キャラクターの表情変化の記述を泣く泣く削ってこれですからね…。ままならんです。

ここで話が飛びます。ゲームというものは完成まで至らない例のが遥かに多いです。
製作者のいろいろな甘さがそういった結果を招いているのですが、そもそもゲーム作成というものは簡単そうに見えて難しいものなのです。
絵・プログラム・音楽等、それぞれ個別に仕上げるのは専門のプロフェッショナルにとって困難な問題ではないですが、それをゲームに組み込むという前提を以って仕上げて、さらに破綻を来さないように調整して全体を仕上げるというのはとても手間がかかります。
しかもその大事な調整役は、やってても絵とか描いてる時よりクリエイティブさを感じません。すなわち単純作業的な辛さがあるのですな。
フリーゲームの製作者の場合エターナル()のが多いのはほとんどがこの辛さに耐えられないからだと思われます。商業の場合だと…まあほんといろいろですが。

制作放棄の良い対策として完成した部分から順次公開してしていってしまう、という手法があります。フリーゲームだから可能な手法ではありますが、いいアイデアですねえ。
と、そう思いましたので、私のもある程度キリの良い部分で公開しようと思っています。1月下旬公開予定。がんばろう。

カテゴリー: Apps(game), C++, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です