OpenAL/alutでサウンドを鳴らしてみる(実践編)

1『OpenAL/ALUT を使ってサウンドを鳴らしてみる(OpenAL編)
2『OpenAL/ALUT を使ってサウンドを鳴らしてみる(ALUT編)

新規にプロジェクトを作成します。
プロジェクトフォルダに『alut.dll』をコピーします。
以下、サンプルです。

#include "alut.h"

#pragma comment(lib,"OpenAL32.lib")
#pragma comment(lib,"alut.lib")

/*
    alut.libとalut.dllが必要。
    alut.dllは実行ファイルのカレントフォルダに入れる。

*/

int main(int argc, char *argv[])
{
    ALuint helloBuffer, helloSource;
    alutInit(&argc, argv);
//    helloBuffer = alutCreateBufferHelloWorld();
    helloBuffer = alutCreateBufferFromFile("Windows Shutdown.wav");

    alGenSources(1, &helloSource);
    alSourcei(helloSource, AL_BUFFER, helloBuffer);
//    alSourcei(helloSource, AL_LOOPING, AL_TRUE);    //Disable a comment out if sound loop

    alSourcePlay(helloSource);
    alutSleep(3);
    alutExit();

    return 0;
}

音が鳴りました!(ただそれだけです(・ω<)) 音を鳴らすための実装としては、Windowsに限定するならもっと手軽な方法がありますが、マルチプラットフォームを意識すると、OpenAL/alutのようなポータブルな実装がされているライブラリを使用することが候補になると思います。 ただ初めに申し上げた通り、これらのライブラリはLGPLなので取り扱いには十分注意して下さい。

カテゴリー: C++, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です